裁縫箱 ソーイングボックスまにあ

洋裁を始めてはや4年。「いつか裁縫箱を買いたい!お菓子箱の山は卒業よ!」と思いつつあまりの種類の多さに迷って決められない。そんな自分の資料整理として開設しました。 同じように裁縫箱、ソーイングボックス選びに迷っている方の参考になれば幸いです。洋裁、手芸関連の情報も少しあります。

お気に入りの本

雑貨風かごバッグを作ろう!【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

1655bd51.jpg今回は服ではなくバッグ作りの本のご紹介です。


夏になるとショップのバッグ売り場にはたくさんのかごバッグが飾られます。

かごバッグは素朴+カワイクて好きです
(^^)

編み物が苦手なまあこさんですが
「ちょっとかごバッグとか作ってみたいなぁ」と思いこの本を購入しました。



この本はいろいろなかごバッグの作り方が載っています。

・麻ひもで編むバッグ

・ラフィアという素材で編むバッグ

・エコクラフトで編むバッグ

・100円ショップのかごに布を足して作るバッグ 

・バスケットにステッチを入れる         などなど。

作り方の図解も載っています。
カワイイ作品がいっぱいで読んでるだけでも楽しいです。


私はまだ本を読んで「ステキねーv」と妄想している段階です(^^;)

ホントに編み物苦手なんです。でも作りたいこのジレンマ。

まずは100円ショップのかご+布のバッグなら私でもできそうなので
そこからトライしてみようと思います。
(えぇ、また100円ショップですがなにか?)←開き直り


でもいつかカワイイかごバッグを作りたいです。
かごバッグにコサージュとか付けてもカワイイなぁーとまだまだ
妄想中です。

かごバッグとかエコクラフトってむずかしいでしょうか?
どなたか教えていただけると幸いですー(><)

本の詳細はこちらになります。
                     

しわプリーツの服【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

e1c12218.jpg今回の実験作は「しわプリーツのスカート」です。

参考にしたのは「鈴木洋子のしわプリーツの服」です。

アマゾンや楽天などではあまりレビューのない本なのですが、
いつもの実験作にものすごく使えたので力をいれてご紹介します!!

この本はポリエステル100%の布に
しわプリーツの加工をする方法が載っています。



かんたんに説明すると

1.ポリエステル100%の布に手縫いなどで何本かなみ縫いをする

2.布の上からあて布を当てて、スチームアイロンを何度かかける

3.スチームの熱がさめるとしわプリーツのできあがり!


ということなのですが、これはポリエステルの熱可塑性
(熱を加えるとその形に固定される性質)を利用しています。
ポリエステルやウールには熱可塑性はありますが綿にはありません。

だから綿で作ったプリーツスカートは洗濯するとプリーツが
とれてしまったりするんですね。(市販のプリーツ液をアイロンかける
時に使えばまだ大丈夫かな?)

....話がそれました(^^;)


本では「100%ポリエステルの布で作ってください」とありました。
          ↓
ポリエステル100パーセントの布なら使える!
ということは....!!


はい。いつもの実験開始です


ポリエステル100%の布「黒いベロア」を使ってウエストゴムの
シンプルなスカートを作りました!

昨年の夏ごろから既製品でも「しわ加工」「ランダムなプリーツ」
の布がはやっていますが、似たようなプリーツになりました!

2枚の四角い布を縫い合わせてゴムを通しただけのシンプルなゴムスカート
ですが、布の加工のおかげでとても良いものに見えました。
(あ、ベロアはベルベット調のニットなので、裾を伸ばしながら
巻きロックをかけて波のようにしましたv)
      

このしわプリーツ加工は、なみ縫いとアイロンかけに根気が
いりますが布の加工がすめばイイかんじの布になります!

ミシンより手でなみ縫いした方がランダムなプリーツがでて良いです。

また試しにトルソーに着せて何日か放置しましたが、プリーツは
とれませんでした。


市販のしわプリーツの布はユザワヤとかで売っていますが、
1m2000円以上するんだもん(><)
だったら自分で作っちゃえ!!という貧乏発想から生まれた実験
ですが、冬物のベロアの他に春夏ものの布でも応用がきくと
思います。←本は春夏用?でした...。

アムンゼンとかポリちりめんとかでやるとおもしろそうです。
ベロアワンピースにも応用がききそうです。

本にはランダムプリーツ以外の加工もたくさん載っていました。


実験してみたい!という方はぜひ作ってみてくださいね♪








心地いいから着たい服【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

02bb550e.jpg「心地いいから着たい服」です。
クライ・ムキさんのソーイング本です。
モデルはかとうかずこさんです。

この本は大きいサイズの人の実物大型紙
載っています。
13号サイズを基本形として、9〜17号の型紙が
あります。
かんたんな補正法も載っていますので、それ以外の号数の方も大丈夫だと思います。

前身ごろと後ろ身ごろの体型の差などを考えた型紙作りになっています!

基本のデニムパンツの解説が載っていますが、ウエストが
みかえし始末なので、「クライムキのメンズパンツカタログ」
と縫い方が少々違います。こちらのやり方の方が楽に
縫えそうな感じです(^^)



個人的に思うのですが、最近はようやく増えてきたものの
大きいサイズの服はまだまだ少なく、自分でソーイングを
しようにも大きいサイズの型紙はさらに少なく、大きい
サイズの方は不便な思いをしているのではないでしょうか。
そういう方はたくさんいらっしゃると思います。
(まあこさん力説)

こういう本がもっともっと増えてくれれば良いと思います。

本の詳細・本についての他の方のレビューはこちらです。


他の大きいサイズ型紙情報はこちらです。




デザインの参考に...【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

私はソーイングをするにあたって、自分でデザインする能力があまり
無いみたいです。

デザイン関係は本や雑誌を読んで参考にすることが多いです。
洋裁の本や、洋裁雑誌を読むこともありますがファッション雑誌や
マンガも参考にします。


(よくデザインの参考にする本)

■cancam     ←今現在、一番流行等に敏感な雑誌だと思います。
             ファッション誌でひとり勝ち状態ですね。
             今の季節はワンピースとか参考にしてます。


■ミセスのスタイル   ←凝ったデザインが多いのでひたすら鑑賞。
 ブック         レベル高くて自分の腕ではまだ無理だと思う。
文化出版局


■かってに改蔵(全26巻)←アキバ系オタク必読書。世相斬り+中身の
 久米田康治著      毒っぷりも気に入ってます。
             これは少年漫画ですが、女の子の私服がカワイイですv
             10巻にちょっとだけ出てきた「裾にフリルとレース付き
             のストレートパンツ」を作ろうと思って布を購入。
             アレンジで裾にピンタックを加えてもかわいいかなー。
             妄想してますがまだ型紙は作ってません(^^;)


■桜蘭高校ホスト部(1〜)←これは少女漫画でゴシックロリータなデザインが
 葉鳥ビスコ著       多いです。(絵が綺麗ですがギャグ漫画)
                普段着のキャミもカワイイv
               コミックス5巻の表紙の服を作るのが野望です....。



今のところはこんな感じでしょうか....。
皆さまはどんな本を参考にしているんでしょうね?

今ものすごく気になっている本【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

22d3d4ac.jpgお気に入りの本ではないですが、私が今現在ものすごく気になってるソーイング本です。タイトルは水前寺清子のニットソーイング。

わたしの中で、「水前寺清子」と「ニットソーイング」ってなんか結びつかないんです(^^;)
(わたしのイメージは365歩のマーチしかないのです...)

ニットソーイングの本ということで、水前寺清子さんと佐藤貴美枝さんのコラボレーションなんだろうか?

実は案外チーターって家庭的なのだろうか?

いったいどんな感じの中身なのだろうか?

本の中はどんなテクニックが繰り広げられているのだろうか?

.....などなど謎はつきません。地元の本屋では扱ってないみたいなので、ここは一発冒険してネットで通販してみようかとか思っています。送料無料みたいだからイイかなーと。
ニットソーイングの本は他にも持ってるけど、なんか読んでみたいのです。


どんな本か知っている方は、まあこさんに教えてやってください m(__)m

ウエストゴムの形いろいろキレイめスカート【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

f134430e.jpgソーイングでお気に入りの本、第一弾は渡部サトさんのウエストゴムの形いろいろキレイめスカートです。


これはウエストゴムのスカートの本ですが、著者が「ウエストゴムのスカートでもダサイのはごめんです」と記しているとおりにウエストゴムでもとてもオシャレな本です。

はじめて読んだときに「ウエストゴムでもデザイン次第でここまでできるんだ!」と、
ウエストゴム=ださいという固定概念が打ち砕かれました。

洋裁に大事なのはやはりセンスなのですね。

様々なウエストゴムのスカートのデザインが載っています。
バリエーションが豊富で、着こなしの主役になれるスカートがたくさんあります♪

ファスナーつけがない分、楽に作れますので1DAYソーイングができそうです(^^)
私はこれでスクエアスカートと、マチの入ったマーメイドスカートを作る予定です。

カンタンに作れてしかもオシャレっていうのがいいですね。
渡部サトさんの本は、デザイン的にどこかひねりがあって好きです。

できたらブログにアップしてみたいです。



お気に入り
ランキング
気に入っていただけたらポチっと応援をよろしくお願いします。
このブログを育ててやってください♪
      ↓
人気blogランキングへ
相互リンク


キーワードアドバイス
ツールプラス





Powered by
SEO




サイトマップラス




Powered by
SEO対策

  • ライブドアブログ