裁縫箱 ソーイングボックスまにあ

洋裁を始めてはや4年。「いつか裁縫箱を買いたい!お菓子箱の山は卒業よ!」と思いつつあまりの種類の多さに迷って決められない。そんな自分の資料整理として開設しました。 同じように裁縫箱、ソーイングボックス選びに迷っている方の参考になれば幸いです。洋裁、手芸関連の情報も少しあります。

こだわりの道具

ミシンの修理(?)

先日、ミシンの修理(?)をしました。

ミシンの修理といっても本格的なものじゃありません(^^;)

母がミシンを使っていて、なぜか 針に糸を通す前に糸をひっかける場所を折ってしまいました。

hariわかりづらいと思いますが、なんか針金みたいなパーツです。

写真でいうと、ピンクの矢印の場所です。写真も暗くてわかりづらいですね(><)

こんな小さなパーツなのに、最後に糸をピンと張らせるための重要な場所だったんですね。
これが折れてから糸がたるみまくって、まったく縫えない。

壊れてみて大切な場所だったんだと気づきましたorz
(それにしてもどう使えば、ソコが折れたりするのか謎です.....)



その壊れた部分はミシンの棒の部分と直結しているので、押さえ等のパーツのようにバラ売りしているわけではないので、棒の部分ごと取り替えることになるようでした。

バラ売りしていたら良かったのに.....。
地元のミシン屋に修理に出せば、修理代もかかるし、またミシン屋にくどくどと文句言われるに違いない.....。

と、若干ブルー入っていたのですが、母親が「なんとかしてみる」と言って

なんと針金(クリップ)を使って、本物そっくりに作ってくれました!
いやー器用な人で良かった!!


元のミシンの部品は、左側から糸をひっかけるのですが、今度は右側から糸をひっかけるかたちになりました。

ミシンはボロッ子ちゃんになりましたが、使用感は非常にいいです。
むしろ元のよりもいいのはどういうことだ(゚∇゚ ;)


前のは、下糸が少なくなってくると糸がつれてきたのですが、今度のは下糸が少なくなってもつれずに最後まで綺麗に縫えるようになったのです!

「怪我の功名」ってやつでしょうか。
とにかく良かったです(^ー^)

ソーイングクリップについて

ロックミシンを使用するときにどの本を見ても「待ち針は使用禁止」とあります。
これは、待ち針をロックミシンが巻き込んでしまうと針が折れて危険だったり、ミシンの破損につながるので使用禁止なのだそうです。

そこでロックミシンを使用するときは、布を止めるのソーイングクリップを使います。
私も先日、ソーイングクリップを買いました。

私の場合はソーイングクリップといっても、正式な製品じゃなく「ソーイング用に使える代替品」です。

clip
だいたい100円ショップを中心に試していきました。

最初は,龍眤粟修慮任ぞさな文具用クリップを100円ショップで買いました。
理由は「やっぱ丈夫な方がいいでしょ!」というものでした。

結果は×
ニット布をはさんでみると、クリップの重さで布がもっていかれて扱いづらかった。5個もつけるとあまりの重さに「これは違うな」と気づく(^^;)


こりずに今度はホームセンターで△諒原駘僖リップを購入してみました。
,茲蠅眈さくて軽いので,茲蠅盍待できそう。

結果は△
,茲蠅和疹は軽いけれど、やはりニットをはさむと布がペロンと折れてもっていかれる。やはりこれもダメか.....。


最後にのプラスチック製のクリップ
今までの私は丈夫さにこだわって金属製にしてきて失敗しまくっていました。「ロックミシンにはさむソーイングクリップなら、軽さが大事!」ということにやっと気づきました。

結果は◎!!
ニットをはさんでも布がペロンしないし、取り外ししやすいし、形も洗濯バサミ状だから取り外しも楽で使いやすい.....!



.....回り道をしましたが、やっと理想的なソーイングクリップに巡りあいました。ちなみにのクリップはプラスチック製で30個入りで105円というとても良いものでした。
100円ショップでものクリップは以前は地元で売っていなかったので仕方なかったのですが、もっと早く会いたかったよ(>0<)!

「,鉢△旅愼費で正式なクリップを買えたんじゃないか?」みたいな疑問もふと浮かびますが、これはこれでいいんです。

ともあれ、私のソーイング用クリップ探しはやっと終わりました。
,鉢△離リップも今は本来の文具用としてバリバリ働いてもらっています(笑)



染料について【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

今回は染料についてのお話です。

私が初めて使った染料はダイロンコールドでした。

リメイクに凝っていた時
押入れから白いタンクトップが出てきたのですが一部シミがついていました。

「シミをめだたいようにしないと!」というわけで
ダイロンで染めました。

ダイロンコールドは手軽に水で染められるのでバケツを用意して、洗面所とお風呂場を使いました。
初めてのわりには失敗もせず、白いタンクトップは鮮やかなターコイズブルーに染まりました。




今はそんなにひんぱんに染物はしませんが、洋裁などで、どーしてもどーしてもイメージする色のレースがないときに染料を使って染めています。

いろいろと調べてみると、洗濯堅牢度が高い(洗濯に強い)のは、「みやこ染め」という染料らしいです。
みやこ染めは昔からあった染料で、現在は桂屋ファイングッズの「コールダイオール」「コールダイホット」と呼ばれています。


地元にはRitやダイロン、BEST COLORはあってもコールダイオールやコールダイホットはないので楽天市場で購入しています(><)

最近はみやこ染め「みやこ染めECO」といって、有害物質を発生させる可能性のあるものを基準値以下にして、肌荒れやしっしん、かぶれも起こりにくいものになったそうです。

染料もいろいろ進化しているんですねー.....。

今度から環境や人体のためにもエコ染料を使用したいと思います。

ミニアイロン買いました♪【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

mini01
ミニアイロンをやっとゲットしましたー♪

手芸人形の服を作るのに欲しいなーと思いつつ、なかなか買う機会がなかったんですが、ジャスコにありました。




ときどきジャスコは「期間限定 アイデア商品市」みたいな催しをやっていて、その中に念願のミニアイロンを見つけました!



帰宅して開けてみると....ほんとに手に乗るくらいにちっちゃいんですねー。カワイイv

母と私の手はかなり小さいんですが、それより小さい。
(今回の手タレは母です)


mini02
普段洋裁に使っているアイロン(ヴィルトューズ)との比較。
やっぱちっちゃいですねー(^^;)


おもちゃみたいなので、いまいち不安なのですが、楽天などの商品レビューをみたところパワーがありそうなので大丈夫かな?

私は売り場で一番安くて小さいミニアイロンを1,050円で買いましたが、まったく同じアイロンが楽天では300円ちかく安かったですorz


......いいんだ。気にしない気にしない(汗)


でも、これでお人形の服が作りやすくなるので嬉しいです(^^)

あとは時間の確保ですねー....。(これが一番の難問)

ステッチ定規【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

ひさびさのこだわりの道具はステッチ定規です。

これは洋裁をやるにはなくてはならない道具です。

これを使うと、ピーッとどこまでもまっすぐにミシンがかけられるし、ステッチもきれいです。



ステッチ定規にはいくつか種類があります。

1.家庭用ミシンに使うもの

    これはミシンの棒の部分(この部分って何て呼ぶんだろう)に
    取り付けてネジで固定して使用します。


2.職業用や工業用ミシンに使うもの

    家庭用と工業用ミシン、職業用ミシンは押さえ金の高さが違う
    ので、ステッチ定規を流用できません。

  
3.マグネット式

    私はこれを使用しています。
    超強力磁石で、針板にくっつきます。

    はずした待ち針もそれで吸い寄せて便利です♪



ステッチ定規がなかったとしても、ミシンの針板に目盛りが書いてあるものならば、それに合わせて縫えるので良いです。(私の家庭用ミシンには目盛りがなかったのです)

ようは、針から布端の距離を一定に保てばまっすぐに縫えるわけですね。
 

また、代用としては、ボール紙やケント紙のような丈夫な紙をL字型に切って、ミシンの針板に固定すればステッチ定規の役割になります。(同じ目的で、未使用の消しゴムをテープで固定している方もいらっしゃいます)

冷蔵庫のメモ用の長い磁石もいいかもしれませんね♪


知人のこの代用のお話を聞いて、「この道具がないからダメ」というのではなく、創意工夫で楽しいソーイングライフを送っていてすばらしいなーと思いました。


憧れのロックミシン【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

どうも。昨日はアイスの記事を書きましたが、
結局アイスを買えなかったので
しかたなくヤクルトを冷凍して食べたまあこさんです。

それはそれでおいしい+涼しかったです♪
(冷凍して、ヤクルト菌がどうなったのかはわかりません...)

そんな話をしてる場合じゃなかった!
久しぶりに「こだわりの道具」について書きます。


今回のこだわりの道具はロックミシンです。

これは洋裁をしていて服を縫うのであれば、ぜひ購入していただきたいものです。

私はロックミシンを購入して初めてスカートを縫ったとき、その縫い代の美しさに大感激してしまいました(T0T)
それまではジグザグミシンで縫い代始末をしていました。ジグザグはよっぽど何度もかけないと後ですき間からほつれてくるのです。

今ではロックミシンなしの服つくりはできませんです。


我が家で使用しているミシンは、「エポロックEL300」という機種です。
メーカーはたしかJUKIです。これは型紙メーカーのEPOさんが発注したロックミシンらしいです。
(佐藤貴美枝さんのニットソーイングの通信教育でも販売されているみたいですね)

このエポロックは1本針3本糸で、「差動つき」なのでニットを縫うこともできます。
「巻きロック」も使えます。

愛機エポちゃんは働き者でとても気に入っています♪


でも、私はその他にどうしても欲しいロックミシンがあるのです(><)


それはクライムキさんのムキロックです!!



理由 その1「巻きロックの全巻き機能がついているから」
   その2「2本針でニットを縫うのに楽だから」


今はお財布の都合で買えませんが、もうこんな自分の性格が本当にイヤです。

(例)洋裁をはじめたばかりだから安い家庭用ミシンを購入
             ↓

   縫い目の美しさや縫う速さにひかれて職業用ミシンを購入


(例)ロックミシンの購入時に
  「1本針のでロックで充分だよ。だってニットなんて全然縫わないし。
             ↓

   現在 ニットソーイング縫いまくってます。
   2本針のロックミシンが欲しくてたまらない


なんでこうも学習能力がないのだろう自分orz
過去の自分をしかってやりたいです。


みなさんがロックミシン等の購入を検討するときには
未来の自分が必要になるかどうかも考えたうえで、機能や価格について
お選びになった方がいいと思います....。

自分の反省をこめて、やはり安いものではないので、じっくりと考えて
決めていただきたいと思います。

アイロンの話【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

ソーイングする時、手芸する時にアイロンは意外と重要です。

特に服作りなどは、「縫ってはアイロン」を繰り返した方が
仕上がりの美しさがちがいます。

私はヴィルトューズというアイロンを使っています。
厨房屋さんで購入しました。おフランスメーカーのティファール
のものです。ティファールっていうとまず鍋を思い浮かべますが、
アイロンも作ってるのね...。

このアイロンは以前使っていたものにくらべるとやっぱりお高い
ので、なかなか買えなかったのですが、以前のものが壊れたときに
思い切って購入しました。

いざ使ってみると
やっぱりいいアイロンは違うんです(><)!

ポイント
1.シルクにスチームがかけられるアイロン!

2.サテンを縫った時に変なしわが寄っても、このアイロンを使うと
 しわが消滅!


以前のアイロンでは考えられないことでした。
やっぱりいいお値段のものはいい仕事をすると知りました....。
思い切って購入して正解でした!

同じティファールでもアバンティスという機種もあります。
これも評判のいいアイロンです。


調べてみましたが、ティファール社のアイロンはこちらが一番取り扱いが多いようです。


職業用ミシン【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

私は一番はじめは家庭用の安いミシンを使っていました。(ミシンランドさんさんで購入v)

このミシン(仮名シンガーちゃん)は値段のわりに、パワフルに働いてくれてました。ただ押しボタン式のスイッチで、縫い終わりにボタンを押してもなぜか止まってくれなくて、そのままガーッと縫ったりしたことも....(^^;)

「職業用ミシンは縫い目も綺麗で、フットペダルで便利」

という情報を目にしてから、ミシン貯金をしてやっと買えました。


職業用ミシンはブラザーのヌーベルとJUKIのシュプールが人気のようですが、私はJUKIのシュプール25SPを購入しました。

感想は、「やっぱり縫い目が綺麗!」「すごく早く縫える!」

高い買い物でしたが買って良かったです。
普通の家庭用ミシンに飽きたらない方は購入を検討されても良いかと思います。

いろいろ調べましたがこの機種は、このお店が一番お買い得だったのでそちらで購入しました。
(このお店はブラザーヌーベル450もお買得です♪)


※縫うスピードが速いのでケガ等には気をつけてくださいね!

マグネットピンクッション【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

磁石でできたピンクッションのことですね。

普通のピンクッションとちがって、グサッと針を刺したりはできないけれど
これなら針がまわりに落ちたりしない!

作業に夢中になると知らないうちに針が床に落ちてしまって、気づかずに思いっきり針を踏んでしまったり....。

そういう痛い思いをしないですむし、なにより安全。
特に小さなお子様のいらっしゃるご家庭には、とても良いと思います。

庄三郎のハサミ【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

これだけは譲れない!庄三郎のハサミです。

ネット上で「布きりハサミは『庄三郎のハサミ』がいいらしい」と聞いていたんですが、正直ハサミなんてそんなに差はないだろうと思っていました。
(うちには某○ーカイで買ったハサミがあるし、とか)

正直、スミマセンでしたm(_ _)m

思い切って、庄三郎ハサミを買って布を切ってみたら これがいーい切れ味で!!
今まで使ってたハサミはなんだったわけ?ってかんじで。

あぁ字ではこの切れ味がうまくお伝えできません.....(涙)

普通のハサミよりお高いですが、ソーイングやるならぜひ使っていただきたいハサミです。

こちらに左利き用の庄三郎ハサミがありました。
お気に入り
ランキング
気に入っていただけたらポチっと応援をよろしくお願いします。
このブログを育ててやってください♪
      ↓
人気blogランキングへ
相互リンク


キーワードアドバイス
ツールプラス





Powered by
SEO




サイトマップラス




Powered by
SEO対策

  • ライブドアブログ