お久しぶりですー...。

現在、2月公演に使う舞台衣装を15着縫いまくっているので洋裁は全然できていませんです(><)

で、はしやすめに(?)洋裁の本のお話など...。


洋裁の本を、資料として使うときなど、どうしても保管場所がバラバラになってしまっていたので、使いやすいようにわかりやすくまとめてみました。(まだ入りきらない洋裁本があります)

tana01


キタナイ部屋でスミマセン(><)

本棚の板の上には職業用ミシンとロックミシンが置いてあります。

洋裁の他に料理の本も入っていますがそこは気にしない方向で。

洋裁の本でも、だいたい1冊当たり文化出版局の本は1,260円で、ブティック社の本は943円なんですね。





tana02


洋裁本は新刊で買ったりすることが多いのですが、ヤフーオークションやアマゾンで古本を購入することもあります。

ブックオフ等の古本屋さんでもたまーにお宝本にめぐり合うことがあります!

この文化服装学院の教科書ですが、ブックオフで1冊200〜300円で販売されていました。
学生さんの勉強らしき書き込みがありました。

新刊なら1,860円の本なんですが、買取価格はどのくらいだったんだろう...。






tana03

こちらの「私の洋裁塾」などは外出先に寄ったデパートでたまたまブックバーゲンを開催していて、そこでゲットしました。これはラッキーでした。

古本屋さんなどには、あまり洋裁本の良い本はあまり出回らないのですが、「こんなところにどうしてこの本が?」という本があることもあります。

クライムキさんの「メンズシャツカタログ」(しかも型紙未使用)がブックオフで100円で売られていたときは、すぐさまゲットしました。





洋裁本の他に、洋裁の道具やミシン等も入れるとどのくらいの金額になるのか計算するのがコワイです(^^;)
少しずつ集めていたからなぁ....。

こんなに集めてもまだまだ欲しい本がたくさんあります。
洋裁の本棚はもう少し拡張しなければならないと思います。

なんか今回まとまらないまま終わります.....。