「あるある大辞典」のスポンサーの花王が、納豆ダイエットのデータ捏造問題で、スポンサーを降りるとのことです。
花王の単独スポンサーだったので、「あるある」は事実上打ち切りになるようです。

毎週ではないですが、楽しく見ていた番組なので、こういう終わり方はとても残念です。



ヤラセ番組を作った張本人も、こういう展開を望んでいたわけではないとおもいますが....。
今回の納豆問題だけでなく、他の食材だってヤラセだったんじゃ?なんて疑惑も出てきたりして。

信頼を得るのは大変なのに、失うのはカンタンなんだなーとしみじみしました。


10年以上続いた番組だからって、どこかでいいかげんな気持ちがあったからかもしれませんね。

それか、新しい健康食材なんかを探しつづけてネタに苦しんでいたりとか。

納豆業者や流通関係や消費者やスポンサーやその他いろいろな方面に損害が損害が大きかったので、番組を作った責任者がつるしあげをくらいそうでコワイ。
(責任はちゃんと追及するとしても、それ以上にね)


でも、思えばあるあるには、ダイエットや健康関係でいろいろと踊らされてきたよ。
それが少しでもなくなるからいいのかと少し前向きに考えてみたりして。

今回の事件ではあらためてマスコミの影響力やその他いろいろな面で勉強になった感じです。