洋裁をしない人は、ときどき大胆な提案をしてきます(^^:)


久しぶりに遊びにきた母の友人が、1枚のスカートを持ってきました。

リメイクをしてほしいとのことでしたが、スカートの形を見ると

エスカルゴスカートで斜めに切り替えがあり、裾はフレアーが入っていて
全体のシルエットはマーメイドスカート。

つまりエスカルゴ+マーメイドのおしゃれスカート。
(最近既製品でよくみる形ですね)


母の友人いわく

シルエットが気に入って買ったけれど、ウエストが入らない。
最近また太ってしまったので、スカートはずっとタンスのこやしだった。

(ここまではよくあるお話)

丈も長いから、ウエストより下の適当なところでちょんぎって
ファスナーをつけかえればはけるんじゃない?




たしかに裾を切ったら、このスカートの良さがなくなってしまいます。
でも型紙や服のシルエットで言う
ウエストからヒップの脇線のカーブなんておかまいなしです。

「適当に切って、ファスナーつけかえればいいんじゃないの?」
ちなみにそのスカートは裏地つき。
             ↑
         むずかしいって!




....なんとかうまくお直しできましたが洋裁を普段やらない人って、
すごいことを考えつくものだなぁと思いました(^^;)

お直しは1から作るのに比べて、布の量などその他の制約が多いので
お直しの方がムズカシイですね(><)

私は普段お直しをしないからかもしれませんが、お直しでは常識なんでしょうか?

あと洋裁を全然したことがない人ほど「適当に縫えば良い」というのも謎です。

「適当」ってなんかアバウトすぎるんです(><)