あれはお裁縫を始めてまもない時のこと。

リメイクに飽き足らず、少しずつ布を買って洋裁をはじめました。
ジャスコ(パンドラハウス)のワゴンセールでよく着分の布を買っていました。

季節は夏だったので布の値段も安く、ワゴンセールはさらにお買得でした。

そんなある日ワゴンで手に取った布。
カーキ色っていうのかわさび色っていうのか、そういう渋い色の布で。

色に一目ぼれした私は早速縫い始めました!


でもどうしたことか、今までの布にくらべてめちゃくちゃ縫いにくい!!
たてに横にビヨーン、ビヨーン、と伸びていくのです。まるでガムのように。

「なにこの布?なんで伸びるの?」軽くパニックな私。


.....察しのいい方はもう気づいていますよね?

そう。私は「ニット布を普通の糸でおもいっきりひっぱって縫っていた」のです。

ニットを縫うにはレジロン糸を使用するというのは、もう少し後になって知りました。
レジロン糸!コレですね。


今振り返っても素人の勢いってコワイ(^^;)