裁縫箱 ソーイングボックスまにあ

洋裁を始めてはや4年。「いつか裁縫箱を買いたい!お菓子箱の山は卒業よ!」と思いつつあまりの種類の多さに迷って決められない。そんな自分の資料整理として開設しました。 同じように裁縫箱、ソーイングボックス選びに迷っている方の参考になれば幸いです。洋裁、手芸関連の情報も少しあります。

決戦の結果【裁縫箱 ソーイングボックス】

......残念でしたね日本。

ちょっと朝からテンションが下がってしまいました。

途中からロナウドのリハビリ試合になっていったのが
なんとも...。実力が違いすぎるのかもしれませんが
後半のブラジルの余裕たっぷりのパス回しとか見ていて
きぃーっとなりました(><)

玉田のゴールが救いでした。

あと忘れられないのは、あのクールな中田秀が試合終了後
ひっくりかえったまま男泣きしていたこと。

皆が引き上げていく中、コーチらしき人と中田でピッチに
ポツンと残っている姿がなんだか切なかったです。
それがとても印象的で、変な言い方ですが一枚の絵画の
ようでした。


夢をありがとう。

決戦は金曜日【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

あと何時間かで日本対ブラジルの運命の一戦がはじまりますね!

なんかキンチョーします(^^;)

相手のゴールに球を入れあうという競技、サッカーに今世界中が
熱くなってますね。
私も普段はあまりサッカーを見ませんが、こういうときはやっぱり
見てしまいます。いわゆるニワカですが、こんな時は

「やっぱり自分は日本人だなぁ」

と思います。


うちの父はサッカーより野球派。
サッカーは点が入りづらい、目まぐるしくて見てて疲れるという
理由かららしいです。

球の行方によって攻守がめまぐるしく変わるのが面白いのに!!
どうやら永遠にわかりあえそうにないです。


もう今日は早めに寝て、試合に備えたいと思います。
(起きられるかな?)

もちろん日本を応援しますが、悔いのない戦いぶりをみせてほしい
と思います。

ガンバレニッポン!!

ロマンチックワンピ【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

6f7ec59a.jpg
洋服製作記ですが、今回はあんまり写真写りが良くないですー。(補正しまくったんだけど、これが限界....)

※画像クリックで大きく表示されます。


知人の細身の子に作ったワンピースです。

見えにくいですが、上はラグランスリーブで胸の下で
ハイウエスト切り替え、裾はフリルがついています。

布は地元の生地屋兼呉服屋で購入しました。
「ウォッシャブルレーヨン」ということで、洗えるレーヨンだそうです。
さらさらとして涼しげな生地です(^^)
同じ柄でピンクやブルーもあったけど「甘すぎる」という理由でブラウンに決定。

こだわりポイントは、胸元と袖下、裾につけたこげ茶色の
レースです。トーションレースを使用しましたが、白のままでは「何かちがう」と思って、こげ茶に染めました。(ダイロンのコーヒーブラウンを使用)

こだわりポイントその2は
上の部分をシャーリングにしてふんわり感を出しました。

細身の子なので胸の部分をゴムとギャザーで強調してみました。
(余計なお世話)



作り方としては、ラグランスリーブの型紙とダーツの入った
ワンピースの型紙を合体させるという超無謀な技です...。

なんとか形になりましたがこれも実験作ですねー。

「ロマンチックに!フェミニンに!」を年頭に作ってみました。

まあ本人に喜んでもらえたので結果オーライです!





お人形服【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

81bf2dd8.jpg
今回は人間の洋服じゃないですね。
お人形の洋服ですね。

参考にしたのは「ジェニーわたしのドールブック」のシリーズです。
図書館で借りたものなので、何巻か忘れました...。

お人形の服はその小ささが大変ですね。縫い代なんて5mmだし!
でもまあまあ可愛くできたから良いかな?←自画自賛(^^;)

このお人形は、ジェニーの友達フローラですね。
私はこのお人形が可愛くて好きですv(あぁ....今朝もけいごさんに
「マニアックなブログ」って言われたばかりなのに...。これでますます
マニアなブログになっていく...)


これにタイトルをつけるなら「双子ちゃん」です!!
または「白ロリちゃんと黒ロリちゃんv」
同じ顔の人形だし。服を取り換えてもおもしろいかも。

ずっと着たきりスズメなので、和服とか作ってみたい今日この頃ですー。

※この写真フラッシュたいたら白がとんじゃってますね(^^:)

写真をクリックしていただけるともう少し大きい画像になります

余談ですがジェニーの新刊探したけどどこにも無かった....(><)ネットで買った方が早い?

アンティーク風ソーイングボックス【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

a3d6a590.jpgシンガーのソーイングボックスです。


木を使用してるので木製のソーイングボックスに分類しました。
ミシン部分は真鍮だそうです。

アンティークなシンガーミシンが上に付いています。ソーイングボックスですが、ちょっとしたインテリアとしても楽しめそうですねー。

ソーイングボックスではなく、ジュエリーケースとしてお使いの方もいらっしゃるらしいです。 大切な方へのギフトとしてもいいですね。


このミシンは世界最古のミシンをかたどったものだそうです。
れ、歴史の重みが....(><)

これは箱だけのお値段かと思っていたら、ハサミや待ち針等の付属品
(10点以上)を入れてこのお値段なんですね。
それならお安いかなー。

このお品は送料無料だからちょっとお得な気分ですね♪
送料無料にこだわりまくります。わたくし(笑)

シンプル+大容量な木製タイプ【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

6e7ab810.jpgシンプルな形で、裁ちパサミも余裕で入る大容量タイプ!

こういうのタイプが一番飽きがこなくて使い勝手がいいのかもしれませんね。

どんな家のインテリアにも合いそうな....。うーん実際に買うとしたら
これかなぁ...?

たくさんの収納というのが魅力的だし、お値段も妥当ですね。
シンプルイズベストかな!

少しずつお裁縫の道具を買い足していっても大容量なら心配なしですからね。

「これからお裁縫にハマルかもー....?」なんて方は大きめのソーイングボックスの方が良いかもしれません。

私はメイプルブラウンとチャコールブラウンどっちにしようか迷うところですが(^^;)
(あいかわらずの優柔不断)

このソーイングボックスは送料無料らしいので、通販的にポイント高いです♪
送料ってなにげに私が一番こだわるところかもしれません....。

送料無料のソーイングボックスの一覧はこちらです。

デザインの参考に...【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

私はソーイングをするにあたって、自分でデザインする能力があまり
無いみたいです。

デザイン関係は本や雑誌を読んで参考にすることが多いです。
洋裁の本や、洋裁雑誌を読むこともありますがファッション雑誌や
マンガも参考にします。


(よくデザインの参考にする本)

■cancam     ←今現在、一番流行等に敏感な雑誌だと思います。
             ファッション誌でひとり勝ち状態ですね。
             今の季節はワンピースとか参考にしてます。


■ミセスのスタイル   ←凝ったデザインが多いのでひたすら鑑賞。
 ブック         レベル高くて自分の腕ではまだ無理だと思う。
文化出版局


■かってに改蔵(全26巻)←アキバ系オタク必読書。世相斬り+中身の
 久米田康治著      毒っぷりも気に入ってます。
             これは少年漫画ですが、女の子の私服がカワイイですv
             10巻にちょっとだけ出てきた「裾にフリルとレース付き
             のストレートパンツ」を作ろうと思って布を購入。
             アレンジで裾にピンタックを加えてもかわいいかなー。
             妄想してますがまだ型紙は作ってません(^^;)


■桜蘭高校ホスト部(1〜)←これは少女漫画でゴシックロリータなデザインが
 葉鳥ビスコ著       多いです。(絵が綺麗ですがギャグ漫画)
                普段着のキャミもカワイイv
               コミックス5巻の表紙の服を作るのが野望です....。



今のところはこんな感じでしょうか....。
皆さまはどんな本を参考にしているんでしょうね?

4段ティアードのキャミソール【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

5bd6b635.jpg洋服製作記第2段はいきなりの 試作品のアップです(^^;)

ネットでこんな感じのキャミがあって、「かわいいなー。欲しいなー」と思っていたのですが、私的にはお高い値段だったので、似たようなかんじのものを作りました。

参考にしたのは「かんたん春夏ソーイング(ミセス版)2005年」です。
あれのニットキャミの型紙を4分割して切り開いて4段ラッフルを作りました。
(メチャクチャ手間がかかった....)

ラッフルの裾は軽くしたかったので、巻きロックにしました。
完成してみると、まぁまぁお気に入りの出来で♪


失敗な点は

・脇のラッフルが微妙にずれている(後で気がついた)

・前後のパターンが似たような形なので、着る時にどっちが前なのかイマイチわかりづらい
 (後ろにタグとかつけないと...)


こんなかんじでしょうか....。
布はパンドラハウスのワゴンのニットで、茶系+アズキ色の微妙な色。化繊のニットなので「落ち感」があります。
この形じたいは気に入ったので、黒や白、迷彩ニットとかでもっと丁寧に作ってリベンジしたいですね。(しかし9号のトルソーに着せるのはムリがあるなぁ....)


布代  :ニット1.5m着分 300円(パンドラハウスのワゴン)
参考型紙:かんたん春夏ソーイング(ミセス版)2005年 

作品についてコメントいただけると幸いです(><)

洋裁をやっていて良かったこと【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

ソーイングを始めてからというもの、始める前に比べて良かったことがありました。


・もの作りの楽しさがわかったこと

・それで人を喜ばすことができる

・ステップアップ、難しいのにチャレンジしたり
 それぞれの段階で楽しめる
 (これは他の趣味にも言えますね)


我が家にとって大きなことがひとつありました。
それは....

年間の服の出費が減ったことですー(><)!!

たとえば買い物に行ってちょっとイイ感じのスカートとか見つけても

「これならがんばれば自分で作れるかも....」

等と考えて買わないことが多くなりました。
(そのときにスカートの裾をめくって服の構造を見ておきます)

実際に似たような感じのものを作ることもありますが、作らないこともあります。
それでもちょっとしたものは買わずにすむので家計に服飾費はかなり減りました。
買った方が安い場合は素直に買いますけど、なんか作る!ということに力が入っちゃってるのです!

子供服は買うとかなり高いものもありますし、「お母さんから作ってもらった服」というものは何にも変えられない思い出になると思うのです....。

桜柄のシャツ【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

386a6710.jpgここでは、私的に比較的成功した作品を載せていきたいと思います。
失敗作でも載せるかもしれないけど(^^;)

1作目はこちら。「桜柄のシャツ」。
シャツというかシャツブラウスというかまぁそんな感じです。←どんな感じだよ?

ピンクとグレーが基調の反物で作りました。身ごろの柄が左右対称にならないようにしたり、袖の部分の布幅が反物の幅(35cm)では足りないので端で継ぎ足したりと、柄合わせに苦労した作品です。


型紙の参考にしたのは意外にもこの本です。←正確にはこれの2巻ですね。
やっぱり布の柄を変えるとイメージが変わりますねー。

本格的なシャツを縫ったのは初めてだったのでメチャクチャ大変でした
(><)
でも作るのに苦労した分、まあまあ好評でした♪

洋裁しない人から「基本的なシャツだから作るの簡単なんでしょ?」って言われましたが....。

ワンピースよりシャツの方が工程が多くてめちゃくちゃ難しいんですのよー(T0T)!!

ワンピースみたいな大きい服は意外と縫う箇所が少ないんです。でもシャツみたいなカッチリと決めて、左右対称な服の方がとてつもなく難しいです....。ごまかしがきかないというか。


......コメント等いただけると、まあこさんが泣いて喜びます
お気に入り
ランキング
気に入っていただけたらポチっと応援をよろしくお願いします。
このブログを育ててやってください♪
      ↓
人気blogランキングへ
相互リンク


キーワードアドバイス
ツールプラス





Powered by
SEO




サイトマップラス




Powered by
SEO対策

  • ライブドアブログ