裁縫箱 ソーイングボックスまにあ

洋裁を始めてはや4年。「いつか裁縫箱を買いたい!お菓子箱の山は卒業よ!」と思いつつあまりの種類の多さに迷って決められない。そんな自分の資料整理として開設しました。 同じように裁縫箱、ソーイングボックス選びに迷っている方の参考になれば幸いです。洋裁、手芸関連の情報も少しあります。

アロハシャツの挑戦【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

01e2ae2e.jpg先日、生まれて初めて「呉服の展示会」なるものに行ってきました。
友人の付き合いで行ったのですが、帰り道、友人が購入した
反物を手にして


「この反物でアロハシャツ縫ってくれない?」

と私に言ってきました。


挑戦がきたよ!!



解説すると、この友人一家は私と母に
「これと同じかんじのものをこの布で作れないー?」
などとたびたび言ってきて私達に挑戦してきます。

母がまた気前よく
「お世話になっているからいいわよー!」
と引き受けてくるのです。

今までもフリースブルゾン、パジャマ、シャツ、カーゴパンツ
トートバッグ、デニムエプロン、化粧ポーチetc....。
いろんなものを作ってきました。

その挑戦を受けてきたおかげで、昔にくらべて裁縫の腕が
あがったみたいです。


依頼する相手は洋裁をよくわからないので、技術的に
無茶な要求をされることもありますが、
とても良い人たち普段からよくお世話になっているので
こちらもこころよく作らせていただいています。


それで今回の挑戦はアロハシャツ!

受けてたたないわけにはまいりません(闘志)!!


.....でもお高い反物なので少しコワイです(^^:)

別の日に買ってきた「レトロな感じのドビー布」で
試作品を作ることにしました。(写真の布です。売り出しで
980円/mが380円/mでしたー)

作り方は「クライムキのメンズシャツカタログ」を参考にする予定です。


それにしても素人相手に毎回毎回チャレンジャーな
ご一家です(><)

がんばれ自分!!

エコクラフトのバスケット【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

5f61cf90.jpgかご製のソーイングボックスに分類しましたが、こちらは
「エコクラフト」という紙で編むバスケットです。

エコクラフトは再生紙100%使用の環境にやさしいクラフト材料
です。

「ソーイングバスケットを1から作る!」というクラフターさんに特にオススメです♪
(お値段もお手ごろですよ)

でもがんばれば、こんなかごも自分で編めてしまうんですねー。
なんか感動します(^^)

私、編むことがなかなかできないんですが、そんな私でもできそうな気もする.......?


他のタイプのソーイングバスケット一覧はこちらになります。

洋裁の原型製作ソフトのご紹介【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

今回は、洋裁の原型製作ソフトのご紹介です。

洋裁をするときには、服を縫うための型紙が必要になります。

実物大の型紙がついている場合はハトロン紙等で写すのが
楽ですが、ゴチヤゴチャして見にくかったり、本によっては
実物大型紙がついていないものもあります。


かこみ製図が載っている場合は、寸法が細かく本に
書いてあるので図をみながら時間をかけて書いていけば
かこみ製図は書けます

前身ごろも、後ろ身ごろも中心の縦の線から書き始めていけば
大丈夫です(^^)

かこみ製図は観察と気合です!!



でも、かこみ製図だとシルエットが気に入らなかったり、特殊な
体型の方の場合は、その人それぞれの原型が必要になります。

原型には種類がありますが文化式原型ドレメ式原型
が有名です。

原型も気合(?)を入れて書けば書けますが、かこみ製図のように
カンタンにはいきません。

そこで今回はパソコンを使って原型をカンタンにひける
原型ソフトをご紹介します


ハイパーホロン・旧文化原型


ハイパーホロン・ドレメ式原型II


この2つはフリーソフトで無料なので試してみてはいかがでしょうか?
この原型のデータもとに型紙をすべてパソコン上で作成したい場合は
DG-メトロ(シェアウエア 4,980円)が必要です。

どうも販売をやめたらしいです....(><)


あなたの原型作ります!
こちらはシェアウエア(無料で試用して後でお金を支払うソフト)1,575円です。
洋裁をするプログラマーのしぃちゃん作です。

私のパソコンはなぜか「ハイパーホロン」はダウンロードできなかったの
ですが「あなたの原型〜」はできました。

サイズを入力しただけで原型がパッと一瞬でできるさまは感動です!

無料なので1度試してみるのも良いかもしれません(^^)♪



もしこの情報がお役にたちましたら
人気blogランキングへポチッと1票ヨロシクね♪

切り替えギャザーカットソー【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

711fde5d.jpg「ショーウインドウで見た気になる服を
似たような感じに作ってみよう!」の第二弾です。

※画像クリックで大きく表示されます


これも実験作ですねー。
手間と時間はかかりましたが、出来上がりはまあまあです。
ギャザーがもっと均等に寄ってれば良かったかな?


ショーウインドウの見本の服は黒のニットでしたが、私は
こげ茶色のニットで作りました。
(地元の布屋のワゴンセール着分300円なり)


参考にした本は「ニット地で作るミセスの服」(ブティック社)
これの28ページの型紙を大幅にアレンジしました。


1.丸みのある襟ぐりをスクエアネックにする

2.上から斜めに切り替えをいれる。

3.真ん中の身ごろを4等分して5cmずつ切り開いて
 ギャザーの分量を作る

4.切り開いた分だけ真ん中の身ごろが広がるので、それを
 綺麗なカーブになるように訂正する
 (切り替えた前身ごろとうまく縫い合わせるため)


うーん。言葉で説明するとわかりにくいですねー(^^;)



私も少しだけ型紙の操作がわかってきたので、こんな感じのが
作れるようになりました。

ソーイング雑誌などで原型を切り開いているのを見て
「これと同じようにこの型紙を切り開いて改造したら
 どうなるのかな?」と考えて実験したりしています。
(実験だから失敗することもあります)

型紙をどうやって切り開いたりしているのかが理解できれば、
基本的な型紙をいろいろな形に変化させて、いろんな種類の
服が作れるようになるのかな?と感じました。

ネット等であまり評判を聞きませんが、個人的にこの本は
気に入っています。

ただ「ミセスの服」とあるので、ゆったりしたシルエットです。
細身のニットをお求めの方には向かないかも(^^:)




そんなこんなで出来上がった服ですが、意外と評判がいいです!
(だまってるとハンドメイドだとわからないらしいです)


それから忘れちゃいけない重要なポイントが!

この服は着ると実際よりスリムに見えるんです(>▽<)!!

これは重要です!

斜めの切り替えとギャザーによる「目の錯覚」ってやつです。
「これはぜい肉じゃないのよ、このギャザーのせいなのよ〜」
ということでしょうか。目の錯覚万歳!!

私だけでなく他の人が着ても、やはり実際よりやせてみえました!


....これに気を良くした私はまたいろいろと実験してみようと
企んでいます(笑)


型紙「ニット地で作るミセスの服」ブティック社
布 :こげ茶の綿ニット(着分300円)


コメントとかいただけると幸いですー。
 

舞台衣装【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

bb6656dd.jpg今回も洋服じゃないですね...(^^:)

バイトで時々舞台衣装を縫わせていただいています。
洋裁なんでしょうか....?ミシンで縫うので和裁でもないですね。
「なんちゃって和裁」という感じです。
(画面クリックで写真が拡大します)

舞台衣装といっても宝塚みたいなものではなく、太鼓の演奏の衣装なのですべて和風ベースです。
また、太鼓といっても普通の和太鼓でもなく、銭太鼓といって、
「竹筒の中に古銭を入れた民俗楽器」で、太鼓のバチを振ると
音が出るみたいな楽器です。
うーん言葉では説明しにくい(^^;)平安時代、それ以前から
の歴史がある楽器らしいです。


ちなみにこれはバイトをはじめてまもないころの作品です。

ある日太鼓の師匠が沖縄みやげの羽織を持ってきて

「これと同じようなのをこの布で縫って」
なんですとー?和裁の経験もないのにいきなりこうくる(><)?

型紙も何もないので、とりあえず見本の羽織のサイズを
はかりまくって「似たような感じ」に作製しました。
半泣きになりながら作ったので師匠のO.Kが出たときはホッしました。

見本の羽織より張りある布を使ったので、パリッと仕上がりました。
布は厚手の帆布、金襴。
特に金襴が豪華なので、布にも助けられたかんじです。

なんか陣羽織というか....お殿様の鷹狩り?



.....うーん。
洋服、人形服、舞台衣装、子供服(写真ないから載せてません)と
私が作ってるのって節操がないですね(^^;)

でもこれからも節操無く作ると思います!

コメント等いただけると嬉しいです。

またコメントしづらい作品ですみません.....。

レースしょっぷジェイシー【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

今回のお気に入りのお店紹介はレースのお店です。
ここはわりと有名だと思いますがご紹介いたします。

レースしょっぷジェイシーさんです。

このお店は綿レースとラッセルレースが充実しています♪
普通レースの色は白と黒が多いんですが、こちらのレースは
カラーのものもたくさんあります。(パステルカラーが
多い感じです)
普通の色のレースに飽き足らない、どうしてもイメージに
合わない場合はこちらのお店をのぞいてみてはいかかでしょうか。


レースの他にもビーズやチャーム、ボタン、リボン、テープ等
もあります!
ボタンは海外のものなので日本では見かけない珍しいものが
多いです。(花、しまうま、家、ティーポット、パンやさん、
アメリカのボタンは遊び心があって見ているだけで楽しいです♪)

ただのボタンマニアかも。


こちらのお店は卸販売もしているので、大量にレースを使う
方には良いのでは?と思います。

ところでジェイシー(JEICY)ってどういう意味
なんでしょうかね?

相互リンクのご紹介【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

今回は相互リンクのブログのご紹介です。
めちゃくちゃうれしいですよー(>▽<)

まず、ずっと以前から相互リンクしてくださっていたのに
ご紹介が遅くなってしまって申し訳ございません父さん様!


愛犬とめざすロハスな生活

私がはじめて相互リンクを結んだブログです。

奥様+娘さん2人+愛犬(メス)の女系家族に囲まれた父さんの
ロハスな日々をつづっております。
ミニチュアダックスのノエルが超カワイイんです♪

ほのぼのとした雰囲気のただようブログです。

私は個人的に次女さんと愛犬の「仁義なき戦い」が好きです。
また書いてくださいねー(リクエスト)



次のご紹介は

もったいないかあさんです!

こちらのもったいないかあさん様はとにかく多才な方で、
パン作り、お料理、自家製酵母も作り、お庭でガーデニングも行い
フルートも吹きます。
でも本業は洋裁というスーパーなお方です。

そしてやはりロハスな生活をされています。

娘さんや知人の方に作られたバッグの刺繍やリボン刺繍はあまりの
見事さに....感動です(TT)美しいー。
刺繍に興味のある方は1度ごらんになってみてくださいね♪

洋裁が本業の方なので、道具などもプロフェッショナルです。
ついついじーっと見てしまいます。


もったいないかあさんはHPも運営されております。
ブログのトップからHPに行けます(^^)



.....といろいろ書かせていただました。

お二人とも相互リンクしてくださってありがとうございます!


まだまだ相互リンク大募集中ですのでよろしくお願いします(^^)

詳しくはコチラです

OUTLET FABRICS【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

久々に「お気に入りのお店情報」の更新です!

今回は布屋さんのOUTLET FABRICSさんです。

こちらは縫製工場を営んでいる方の奥様が、工場で余った
在庫の布や道具をとても良心的な価格で販売さています。
縫製工場の布は既製品用の布なので質が良いものが多いです。
花柄やストライプ、和柄など多くの種類があります。
(コットンこばやし、YUWA等のメーカーの生地も販売しています)

私はここで「裏地」を購入しましたが、キュプラの裏地が
お買得価格で買えて感動しました(T0T)


あとこちらのお店では型紙用不織布が好評です。
型紙をうつすこともでき、紙のように折れまがらないので
保存に良いそうです。

私も今度買う予定ですv


販売だけでなく、布についての知識などもサイトに書いて
ありますので勉強になります(^^)

まだ行ったことのない方はぜひ一度行ってみてくださいね♪

心地いいから着たい服【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

02bb550e.jpg「心地いいから着たい服」です。
クライ・ムキさんのソーイング本です。
モデルはかとうかずこさんです。

この本は大きいサイズの人の実物大型紙
載っています。
13号サイズを基本形として、9〜17号の型紙が
あります。
かんたんな補正法も載っていますので、それ以外の号数の方も大丈夫だと思います。

前身ごろと後ろ身ごろの体型の差などを考えた型紙作りになっています!

基本のデニムパンツの解説が載っていますが、ウエストが
みかえし始末なので、「クライムキのメンズパンツカタログ」
と縫い方が少々違います。こちらのやり方の方が楽に
縫えそうな感じです(^^)



個人的に思うのですが、最近はようやく増えてきたものの
大きいサイズの服はまだまだ少なく、自分でソーイングを
しようにも大きいサイズの型紙はさらに少なく、大きい
サイズの方は不便な思いをしているのではないでしょうか。
そういう方はたくさんいらっしゃると思います。
(まあこさん力説)

こういう本がもっともっと増えてくれれば良いと思います。

本の詳細・本についての他の方のレビューはこちらです。


他の大きいサイズ型紙情報はこちらです。




アイロンの話【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

ソーイングする時、手芸する時にアイロンは意外と重要です。

特に服作りなどは、「縫ってはアイロン」を繰り返した方が
仕上がりの美しさがちがいます。

私はヴィルトューズというアイロンを使っています。
厨房屋さんで購入しました。おフランスメーカーのティファール
のものです。ティファールっていうとまず鍋を思い浮かべますが、
アイロンも作ってるのね...。

このアイロンは以前使っていたものにくらべるとやっぱりお高い
ので、なかなか買えなかったのですが、以前のものが壊れたときに
思い切って購入しました。

いざ使ってみると
やっぱりいいアイロンは違うんです(><)!

ポイント
1.シルクにスチームがかけられるアイロン!

2.サテンを縫った時に変なしわが寄っても、このアイロンを使うと
 しわが消滅!


以前のアイロンでは考えられないことでした。
やっぱりいいお値段のものはいい仕事をすると知りました....。
思い切って購入して正解でした!

同じティファールでもアバンティスという機種もあります。
これも評判のいいアイロンです。


調べてみましたが、ティファール社のアイロンはこちらが一番取り扱いが多いようです。


お気に入り
ランキング
気に入っていただけたらポチっと応援をよろしくお願いします。
このブログを育ててやってください♪
      ↓
人気blogランキングへ
相互リンク


キーワードアドバイス
ツールプラス





Powered by
SEO




サイトマップラス




Powered by
SEO対策

  • ライブドアブログ