裁縫箱 ソーイングボックスまにあ

洋裁を始めてはや4年。「いつか裁縫箱を買いたい!お菓子箱の山は卒業よ!」と思いつつあまりの種類の多さに迷って決められない。そんな自分の資料整理として開設しました。 同じように裁縫箱、ソーイングボックス選びに迷っている方の参考になれば幸いです。洋裁、手芸関連の情報も少しあります。

ロックミシンを購入!

先日、念願のロックミシンを購入しましたー!

2台目のロックミシンになります。
1台目は1本針3本糸のタイプで、今度のは2本針4本糸のロックミシンです。

これでニットを縫うのがぐーんと楽になるなー(^^)

今まではレジロン糸を使って普通のミシン+がんニットを縫ったりするとは夢にも思っていなかったので、「1本針でいいや」と思って1本針のものを買ったのですが、いろいろなものを縫っていくうちに、やっぱり2本針のロックミシン欲しくなっていたのですが、資金がなかったのでひたすら1本針ロックを使って資金をためることにしました。

私の1台目のロックミシンは「エポロック」という名前で、型紙を作っているEPOさんとジューキの企画物だったらしいのですが、エポロックが調子が悪くなり修理に持っていったときに、地元のミシン屋さんから

「これはもう作られていない廃盤扱いです。部品も海外から取り寄せになるし部品も新しく作られていないので他のロックミシンを買った方が良い」

と言われ、ようやく2代目のロックミシンを購入する踏ん切りがつきました。

「2台目のロックミシンは絶対に2本針4本糸にしよう!」と決めていたのですが、いろいろな種類があります。
どれがいいのかとさんざん悩んだ結果クライムキさんの「ムキロック」に決定しました。

ムキロックにした理由は

1.カーブが縫いやすく改良されていること(ロックミシンはカーブ縫うの大変なんです)

2.本が出版されているのでそれを見ながら縫えば糸調子などが調節しやすい

3.ムキロックの説明書が普通のjukiのものよりわかりやすい

4.エアスルー方式で糸かけがすごく楽

という点でした。

その他、ムキロックはjukiのロックミシンBL57EXとほとんど同じで針落ち位置の目印が針板にある+押さえも2種付いてくるので 、これもポイントでした。

で、地元のミシン屋さんはムキロックを扱っていなかったので、楽天のミシンランドさんで購入しました。

購入するお店もいろいろ悩んだのですが、ミシンランドさんは保障体制が手厚くて、ミシンを修理に出している間にミシン貸し出しサービスをしてくれるそうです!

毎日ミシンを使うヘビーユーザーや、仕事でミシンを使う人にはとても良いサービスだと思います。
(我が家も仕事でミシンをヘビーに使うときがあるので、このサービスは本当にありがたいです)



.....とにかく念願のロックミシン(2代目)を購入したからには、ニットをガンガン縫いまくろうと思います(^ー^)

かんたんクリスマスリースの作り方

もうすぐクリスマスですね。クリスマスリースを作って飾るお宅もあると思います。

先日、布屋さんに寄ったら自作のクリスマスリース持参のお客さんがいて、偶然、その人からかんたんなクリスマスリースの作り方を聞くことができました。


(かんたんエコな?クリスマスリースの作り方)

1 紙のお皿を用意して、真ん中を丸くくりぬいてドーナツ型にする。


2 1に拾ってきた松ぽっくり、ヒイラギ、リボン型のマカロニ(パスタ)を貼り付けて飾る


3 2にスプレー式の塗料(銀色)を吹き付ける


4 塗料が乾いたら完成!



というのがだいたいの作り方だそうです。



まず、リースの台の部分を紙皿を使うの+リボンにパスタを使うのがアイデアとしていいなーと思いました(^ー^)
松ぽっくりとヒイラギに関しては、自分の庭に植えてあったり、そこらの地面に落ちていたのを拾ったということで、そういところが田舎ならではな材料調達法なのかなーと思ったりします。



完成品のクリスマスリースを見せてもらいましたが、一面銀色で綺麗でした。

あまりお金をかけなくても工夫次第で生活を楽しんでいるという感じがして、なんかすごいなーと感心してしまいました。

しょっちゅう金欠でピーピーいってる自分としては、「金がなくてもまずは自分の創意工夫で頭を使っていかないと!」と勉強になりました。

ミシンの修理(?)

先日、ミシンの修理(?)をしました。

ミシンの修理といっても本格的なものじゃありません(^^;)

母がミシンを使っていて、なぜか 針に糸を通す前に糸をひっかける場所を折ってしまいました。

hariわかりづらいと思いますが、なんか針金みたいなパーツです。

写真でいうと、ピンクの矢印の場所です。写真も暗くてわかりづらいですね(><)

こんな小さなパーツなのに、最後に糸をピンと張らせるための重要な場所だったんですね。
これが折れてから糸がたるみまくって、まったく縫えない。

壊れてみて大切な場所だったんだと気づきましたorz
(それにしてもどう使えば、ソコが折れたりするのか謎です.....)



その壊れた部分はミシンの棒の部分と直結しているので、押さえ等のパーツのようにバラ売りしているわけではないので、棒の部分ごと取り替えることになるようでした。

バラ売りしていたら良かったのに.....。
地元のミシン屋に修理に出せば、修理代もかかるし、またミシン屋にくどくどと文句言われるに違いない.....。

と、若干ブルー入っていたのですが、母親が「なんとかしてみる」と言って

なんと針金(クリップ)を使って、本物そっくりに作ってくれました!
いやー器用な人で良かった!!


元のミシンの部品は、左側から糸をひっかけるのですが、今度は右側から糸をひっかけるかたちになりました。

ミシンはボロッ子ちゃんになりましたが、使用感は非常にいいです。
むしろ元のよりもいいのはどういうことだ(゚∇゚ ;)


前のは、下糸が少なくなってくると糸がつれてきたのですが、今度のは下糸が少なくなってもつれずに最後まで綺麗に縫えるようになったのです!

「怪我の功名」ってやつでしょうか。
とにかく良かったです(^ー^)

ソーイングクリップについて

ロックミシンを使用するときにどの本を見ても「待ち針は使用禁止」とあります。
これは、待ち針をロックミシンが巻き込んでしまうと針が折れて危険だったり、ミシンの破損につながるので使用禁止なのだそうです。

そこでロックミシンを使用するときは、布を止めるのソーイングクリップを使います。
私も先日、ソーイングクリップを買いました。

私の場合はソーイングクリップといっても、正式な製品じゃなく「ソーイング用に使える代替品」です。

clip
だいたい100円ショップを中心に試していきました。

最初は,龍眤粟修慮任ぞさな文具用クリップを100円ショップで買いました。
理由は「やっぱ丈夫な方がいいでしょ!」というものでした。

結果は×
ニット布をはさんでみると、クリップの重さで布がもっていかれて扱いづらかった。5個もつけるとあまりの重さに「これは違うな」と気づく(^^;)


こりずに今度はホームセンターで△諒原駘僖リップを購入してみました。
,茲蠅眈さくて軽いので,茲蠅盍待できそう。

結果は△
,茲蠅和疹は軽いけれど、やはりニットをはさむと布がペロンと折れてもっていかれる。やはりこれもダメか.....。


最後にのプラスチック製のクリップ
今までの私は丈夫さにこだわって金属製にしてきて失敗しまくっていました。「ロックミシンにはさむソーイングクリップなら、軽さが大事!」ということにやっと気づきました。

結果は◎!!
ニットをはさんでも布がペロンしないし、取り外ししやすいし、形も洗濯バサミ状だから取り外しも楽で使いやすい.....!



.....回り道をしましたが、やっと理想的なソーイングクリップに巡りあいました。ちなみにのクリップはプラスチック製で30個入りで105円というとても良いものでした。
100円ショップでものクリップは以前は地元で売っていなかったので仕方なかったのですが、もっと早く会いたかったよ(>0<)!

「,鉢△旅愼費で正式なクリップを買えたんじゃないか?」みたいな疑問もふと浮かびますが、これはこれでいいんです。

ともあれ、私のソーイング用クリップ探しはやっと終わりました。
,鉢△離リップも今は本来の文具用としてバリバリ働いてもらっています(笑)



チョコレート熱上昇中↑

バレンタインのせいなのか(?)、やたらとチョコレートが上昇してます。

自分がチョコレートが食べたくて仕方なくなり、食べまくっています。「頭脳労働をした時はどうしても甘いものが必要なんだよねー」とか言い訳しながら食べてます(笑)

・友達から「沙紗の新製品(裏側がイチゴチョコ)」をもらって食べる

・父へのバレンタインチョコに質より量重視でマカデミアナッツ入りチョコ(海外のおみやげでよく見るチョコ)を1箱あげて、自分もついでに食べる

そして、珍しいところでは、母の友人の海外みやげで「エジプトのチョコレート」をもらいました!

choko1

これがエジプトのチョコレート。

エジプトらしい壁画のようなパッケージと文字で、エジプトらしさ満開です。

ベルギーチョコとかアメリカのチョコなら面識がありますが、エジプトのチョコレートは初めてみました。
choko2




横のタイトルには英語で、クレオパトラチョコレートと書いてあります。

うーんいったいどんな味なのか.....。

うさんくさいパッケージ(?)への不安と味への期待が入り混じります。





いざ試食!

.............うーん。味はちょっと微妙かなぁ?

決してまずくはないんだけどうまくもないというか.....。

中身は何かの実にチョコレートがコーティングしてあって、チョコの層がおもいっきり薄かったです。(例えるなら縁日のチョコバナナのチョコくらい薄い)

何かの実もちょっと正体不明で、私的には干し柿、母親的には棗でした。
日本にはない果実なのかな。食感は干し柿・棗・干しアンズみたいな感じで。

せっかくお土産にくれたのにこんな書き方でおばさんごめんなさい(><)
でも珍しいエジプトのチョコレートが食べられておもしろかったです。

我が家の父の口にはあったようで、気がつくと1つ残らず食べられていました。箱だけじゃなくて、チョコの写真も撮ろうとしていたのに1個もなかったです.....orz

あとは何の実なのか知りたいので、おばさんにまた今度聞いてみようと思います。

デジカメ修理中!

えーデジカメはまだ修理中です。

ゆうべ電気屋さんから電話が入りましたが、「来週の木曜日に修理を終えて戻ってくる予定です」とのことでした。

修理を頼んだのが先週の木曜日なので、戻ってくるまでだいたい3週間くらいですか....。
修理もメーカーでは順番待ちなので仕方が無いんですが、待っている身だとなんかまだかまだかと感じてしまいますね(^^;)

電池を入れ替えても電源が入らないので修理に出したのですが、どうやら基盤が壊れていたらしくメーカーで基盤を交換するとのこと。

購入した電気屋さん(ヤマダ電機だ)を通したので、メーカーに修理できるかの見積りだけでまず2000円かかり、修理代は1万円ちょっとかかるらしいです。

私のデジカメは電器屋さんいわく古い機種とのことでしたが、買って3年くらいでもう古い機種扱いなんですねorz

たしかに電気製品は次々と新しい機種が出てきますが、ものを修理したら金額が新品を買うのとあまり変わらないというのもなんだかなぁという感じです。

個人的にそのデジカメが使いやすくて気に入っているので、私はできるだけ長く使いたいんですけど難しいのかなー.....。

ものに対する「気に入っている」だとか、「形見だから大事にしたい」みたいな人の思いみたいなものが特に電化製品にはあまり通用しないのがなんだかさみしいというか悲しい気分です。
(書いていて自分でもわけがわからなくなりました)

とにかく、「デジカメちゃん早く帰ってきて!」ということです。


ひさしぶりの復活......

おひさしぶりです。復活です。

1年以上放置してしまってました(^^;)

1年間何もしていなかったわけじゃないのです。
洋裁生活はちゃんとやってたんです。舞台衣装作ったり、あいまに自分の服(ニットソーイング)したり、頼まれ物を縫ってみたり。

ただデジカメが壊れて写真が撮りづらくなったので「完成画像も載せられないしなー」とかウダウダしているうちに、あまりに放置しすぎていて自分のIDやパスワードとか忘れてログインできなかったりして、ブログ更新のモチベーションが下がり気味でした。

今はデジカメも修理に出したし、ちゃんとログインできたし、ブログも少しずつでもいいから更新したいなーと思い、心を入れ替えたところです。

心を入れ替えたばかりなのに年明け早々、ウイルス性の嘔吐下痢症にかかってしまい一週間寝込んだりとなかなか前途多難ですorz

また少しずつでもいいから、皆様になにか役立つようなこと(?)やバカバカしい内容等も書いていけたらいいなと思っております。

あんまり堅苦しく考えてもアレなので、時々、ゆるーく書くブログになると思いますが、よろしくお願いいたします(^ー^)

年賀状の準備【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

年賀状を製作中のまあこさんです。もうみなさんは年賀状の準備はおすみでしょうか?

来年はねずみ年ですね。

最近の私の年賀状製作の流れは、だいたいこんな感じです。

1.ネットで無料の年賀状素材を探す

2.気に入った素材をダウンロード

3.年賀状の絵の印刷面に、賀詞と差出人住所を作成


1.の年賀状素材を探している時間がちょっと長くなってしまうんですが、今回はわりとすんなりと見つけられました♪

3.の賀詞と差出人住所の作成は、今まではワードやフリーソフトを使用していたんですけど、今回はちがいます!!

先日買ったphotoshop elements5.0が大活躍しました♪

賀詞の部分を書いて、ドロップシャドウ(影つけ)やその他の加工をつけたりして、それだけでなんか感動してみたりして。
フリーソフトより機能が多彩ですね。当たり前なんですけど。

ちなみに賀詞は、むかしは「happy new year」とかも使ったんですが、最近は「謹賀新年」にしています。
「謹賀新年」なら、目上の方に出しても失礼にならないし、誰に出しても大丈夫なので....。

ささいなことですが、なんか「あぁ自分も大人になったのねー」としみじみします。


今は準備だけで、まだ年賀状の印刷はしていません。
今回はリサイクルインク(再生インク)を初めて購入しちゃいました!

インクの品質が心配でしたが、純正品とくらべても見劣りしなかったので思い切って使ってみようと思います。

七五三の季節【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

もう七五三の季節ですねー(^ー^)

本来は11月だと思いますが、うちの地元はちらほらと七五三の子供をみかけます。

先日買い物に行ったときも、7歳の七五三の女の子がいて、黒地がベースの着物を着ていて周りから「かわいいわー。かわいいわー」と言われていて、少し誇らしげな表情をしていました。

私の知り合いのお嬢さんは、周りが着物のなか一人でウエディングドレスのような格好でとても目立っていました。
おばあちゃんが作ってくれたドレスだったそうで、とても誇らしげでした。
親御さんの気合を感じました(^^;)

七五三は、普段は着られない服や着物を着てお化粧をして、「いつもとちがう自分になる」みたいな妙にくすぐったい感触がありますね。


洋服作りの観点から、私もこの季節は妙にワクワクします。

今、七五三で手作りするならはやりの着物ドレスでしょうか.....。

洋服でやるのなら、sallyみたいなのもカワイイですね。
sallyは、韓国子供服のブランドで、ゴスロリ、ゴスバンク、甘ロリとかがお好きな方でしたら気に入るテイストのブランドです。

お値段もリーズナブルなので、個人的に注目の子供服ブランドです♪

あぁ話がそれました(><)

とにかく、七五三の季節はなぜか私も意味もなくワクワクするというか、創作意欲がムクムクとしてくる季節なのです。


ひとつのパターンからエレガントvs.カジュアル【裁縫箱 ソーイングボックスまにあ】

27b50ab2.jpgかなり久々の更新です(><)
(体を壊してみたり、パソコンが壊れてブログ更新自体ができなかったり、いろいろです)

お気に入りの本も久々の更新なのですが、今回は「ひとつのパターンからエレガントvs.カジュアル」をご紹介します。

文字どおり、ひとつのパターンをアレンジして、カジュアルなものとエレガントなものの二種類を作るというコンセプトの本です。

著者が小杉早苗さん(「ジャケットとコートの手ほどき」の著者)なのですが、モード系のかっこいい服がたくさん載っています♪

個人的に作ってみたいものは、バルーンスカートがエスカルゴ切り替えになっているスカートとか、表紙のエレガントジャケットなど、たくさんあります。

ここに載っている服がしっかりと作れたら.....かなりスゴイですね。

小杉早苗さん+文化出版局ということで、洋裁といっても本格的な方の本なので、自分の今の洋裁の腕ではまだムリムリな感じなんですが(><)

もっと腕を上げて絶対に作りたいです。そんな服がたくさん載っています。

そんな感じで予約買いです(笑)
がんばれ自分!!型紙見ただけでめまいがするとか言ってるんじゃない!!

実物大型紙がついていて、M〜XLまでのサイズ展開というのもいい感じです♪
(実際、XLまで載っている本は珍しいのです。)

腕に覚えのある方は作ってみてはいかがでしょうか?
きっと素敵な服ができると思います(^ー^)

お気に入り
ランキング
気に入っていただけたらポチっと応援をよろしくお願いします。
このブログを育ててやってください♪
      ↓
人気blogランキングへ
相互リンク


キーワードアドバイス
ツールプラス





Powered by
SEO




サイトマップラス




Powered by
SEO対策

  • ライブドアブログ